初宮詣

初宮詣とは

 初宮詣は一般的にお宮参りと言われ同じものです。この初宮詣は、赤ちゃんが無事に産まれた事を神様に感謝し、これからも健やかに成長する事を神様にお祈りする行事です。

 また安産祈願で訪れた神社に、無事の出産の報告も込めて、その「お礼参り」として初宮詣を行う方も多くいらっしゃいます。
男の児は誕生後 32日目、女の児は33日目に (生まれた日を1日目と数えます) 幼児を抱いて初めて神社にお参りして、ご祈祷を受けます。生後1か月後の体調のよいときにご家族皆様でお参りください。

初宮詣についてよくある質問Q&A

Q:初宮詣は予約制ですか?

A:参拝のお日にちが決まりましたらご予約をお願い致します。

Q:祈祷の時間はどのくらいかかりますか?

A:20分程です。

Q:掛着(祝い着)は必ず掛けていないといけないですか?

A:服装に決まりはございません。

Q:初穂料はのし袋に入れたほうがいいですか?

A:ご祈願の際、初穂料を神前にお供え致しますので、のし袋に入れてお持ち下さい。

Q:駐車場はありますか?(神社まで車でうかがいいたいのですが)

A:はい。ご参拝の方は神社関係者駐車場に駐車頂いて結構です。

お守り、絵馬、人生儀礼年表、前掛け、太鼓など

祈願料 10,000円
お問い合せ・祈願のお申込みは、
須賀神社々務所 03-3351-7023へお気軽にどうぞ。