開運熊手守 一陽来福守 茅の輪守

開運熊手守
(かいうんくまでまもり)

当神社には相殿に日本武命(やまとたけるのみこと)を祀っており11月の酉の日には大鳥神社大祭(酉の市)が行われます。そのときに頒布されるのが開運熊手守です。熊手守は古くより熊手で福をかっこむと伝われ、開運・商売繁盛のお守りとして酉の市の日に授与されます。

●初穂料
ホーキ付き(左) 1,000円
かっこめ(右) 800円

一陽来福守
(いちようらいふくまもり)

このお守は金銀融通の御守と申しまして、毎年冬至から節分の間、毎日四谷須賀神社々殿に於いてお頒け致しております。

お祀りの仕方

冬至、大晦日、節分の三日間の内、どの日でも都合の良い日の真夜中の十二時に、その年の明きの方(恵方)に字が向く様向け、反対側の柱か壁のなるべく高い所にお祀りください。(裏にのりをつけてはがれない様にしっかり張って下さい)尚一旦お祀りになった御守は一年間動かさないでください。冬至から節分迄は、毎日頒布しております。
一陽来福守 御祀りの仕方

●初穂料
1,000円(懐中小守付き)

茅の輪守
(ちのわまもり)

茅の輪守は、当須賀神社主祭神の一つ「スサノオノミコト」にとても縁があり、その由来は備後風土記からきております。備後風土記によりますと、「スサノオノミコト」が姫を捜しに出かけられ、彼の地で日が暮れてしまったので、ある兄弟のところへ一夜の宿を求められました。

すると大富豪の弟は断りましたが、貧しい兄の「蘇民将来」は「スサノオノミコト」を真心こめてもてなしました。その後「スサノオノミコト」は再び訪れ、「汝の真心には感銘した」と言われ、茅の輪を授け「この茅の輪を祀れば子孫を疫病、そして災いから守る」と言われました。その故事から茅の輪の守が頒布されるようになったと言われる尊いお守です。

この茅の輪守は、玄関の外・若しくは中の柱か壁に止めるなどしてお祀りください。(向きは外に向けてください。)お祀りされたお守は、一年間経ちましたら取り外して神社に納め、新しいお守をお受けください。この茅の輪守の尊い御恵により、ご家族樣の除災招福・厄除開運・無病息災を御祈願ください。

※ このお守は一年間頒布しております。

●初穂料 800円

御守り

須賀神社祈修木札(大)35㎝
初穂料 3,000円

御守り

須賀神社祈修木札 30㎝
初穂料 1,000円

御守り

家内安全木札
初穂料 1,000円

御守り

厄除け木札
初穂料 1,000円

御守り

方位除け木札
初穂料 1,000円

御守り

八方百難除木札
初穂料 1,000円

御守り

天照皇大神宮大麻
初穂料 1,000円

御守り

須賀神社大麻
初穂料 1,000円

御守り

荒神様大麻
初穂料 1,000円

御守り

方災厄除け守
初穂料 700円

御守り

金運足腰健康守
初穂料 600円

御守り

金運守
初穂料 600円

御守り

八方百難除け守
初穂料 700円

御守り

商売繁盛守
初穂料 700円

御守り

ペット守
初穂料 600円

御守り

ランドセル守
初穂料 600円

御守り

えんむすび守
初穂料 800円

御守り

八角八方幸せ守
初穂料 600円

御守り

健康長寿守
初穂料 600円

御守り

きつねつげ守
初穂料 600円

御守り

御守り
初穂料 700円

厄除け守

厄除け守
初穂料 700円

方位除け守

方位除け守
初穂料 700円

健康守

健康守
初穂料 700円

旅行守

旅行守
初穂料 700円

肌守り

肌守り
初穂料 300円

学業守

学業守
初穂料 700円

合格守

合格守
初穂料 700円

病気平癒守

病気平癒守
初穂料 700円

家内安全守

家内安全守
初穂料 700円

仕事守

仕事守
初穂料 700円

開運招福守

開運招福守
初穂料 1000円

交通安全守(小)

交通安全守(小)
初穂料 700円

交通安全守(大)

交通安全守(大)
初穂料 800円

安産守

安産守
初穂料 1000円

こども守

こども守
初穂料 600円

恵守

恵守
初穂料 600円

幸福守

幸福守
初穂料 600円

組紐守

組紐守
初穂料 700円

勝守

勝守
初穂料 600円

木札守

木札守
初穂料 500円

恋まもり

恋まもり
初穂料 800円

しあわせ婚守

しあわせ婚守
初穂料 800円

絵馬

絵馬
初穂料 700円